Home > 技術情報

技術情報|本田金属技術株式会社

ロアブロックイメージ   アルミは鉄に比べて比重が約1/3と非常に軽量な素材です。四輪、二輪と世界の車のパーツは軽量化や高精度化のニーズが高まり、低燃費が重視されるエコロジカルな流れにあって、さらにアルミ部品の需要は高まっています。こうした時代にあって、私たちは独自の研究開発部門をさらに充実させています。これまでに培った技術ひとつひとつの積み重ねと、確実に製品にフィードバックする姿勢。
  軽金属の総合メーカーとして、金型製作から製品造りまでの一貫した生産体制で、お客様を強力にサポートします。

主な技術項目

開発 テスト
  • ピストン機能解析
  • エンジンのテストベンチ
  • 磨耗摺動試験
  • 高温疲労試験
  • 単体剛性試験
  • 流動解析
  • 凝固解析
  • 応力解析
材料
  • 発光分析による25元素測定
  • ピストン材として、鍛造品、鋳造品
  • 各種ピストンメッキ処理
金型 テスト
  • CATIA ® を駆使し、設計から製作まで
  • 高速M/Cによる型製作の短期化
素材
  • 砂型試作による量産前の製法検討
  • GDCによる高強度部品
  • LPDCによる高強度部品の高効率化
  • 鋳造から熱処理まで
  • 金型離型剤の開発、生産
機械加工 テスト
  • ピストンの高効率加工ライン
  • 精度保証のインライン自動測定
  • モジュール化による高効率加工

▲ ページ上部へ

文字サイズ変更